株くんホールディングス四季報(ニートで引きこもりフィギュアスケーター)

個人の力だけでお金を稼ぎフィギュアスケートを頑張るブログ

大人からのフィギュアスケート

【四大陸選手権】羽生結弦選手、紀平梨花選手の最新情報、公式練習での印象

投稿日:

羽生結弦

四大陸選手権で羽生結弦選手、紀平梨花選手の最新情報が気になる

このような方のために、羽生結弦選手、紀平梨花選手の最新情報を解説しています。

💡【参考動画】羽生結弦選手のみどころはこちら



 

羽生結弦選手の最新情報

羽生結弦

羽生結弦選手、4回転ルッツを練習で決めましたね。4回転アクセルはショートで入れない構成にするようです。練習を見る限り、最初に二つの4回転(サルコウとトウループ)を入れて、最後にトリプルアクセルをやる構成に変えましたね。

 

ただし、最初のトリプルサルコウがあまりきれいではなかったので、4回転ルッツにする可能性もでてきました。ここが大きなポイントです。なので、ショートプログラムでは、最初に4回転ルッツを挑戦するかどうか見どころですね。

 

あとは、音楽を変えたおかげで、スピンの力強さが戻ってきましたね。特にバタフライからのキャメルは圧巻です。あと、ステップシークエンスも複雑で難易度が高いステップが多くなったので、ショートプログラム、極めて高い得点が出そうな予感です。

💡【参考動画】羽生結弦選手のみどころはこちら



 

紀平梨花選手の最新情報

紀平梨花

紀平梨花選手は赤の衣装から青の衣装に戻しましたね。確か、一番最初に着ていた衣装だったように思います。この衣装の方が高い得点が出ていたので、一番感覚のように衣装に変えて、演技に挑むようです。

 

一方ジャンプは大きく構成を変えました。ショートプログラムでは、最後のトリプルループをトリプルルッツで手を上げるジャンプに変更。フリーでは、最初に4回転サルコウをやって、3つ目のジャンプをフリップからルッツに変えました。後半の2アクセルからのコンビネーションジャンプをトリプルフリップからの3連続に変更するようです。

 

ポイントはトリプルルッツになるのではないでしょうか。特にショートプログラムは一つのミスも許されないので、最初のトリプルアクセルよりも最後の手上げトリプルルッツが凄く緊張するところかと思います。僕も心臓が飛び出るほどハラハラしています(◎_◎;)

💡【参考動画】紀平梨花選手のみどころはこちら

 

まとめ

羽生結弦選手

それでは本日解説した内容をまとめますね。

💡四大陸選手権の羽生結弦選手と紀平梨花選手の最新情報

・羽生結弦選手は、ショートプログラムで、4回転ルッツに挑戦する可能性なくはないこと、あとは、音楽変更で力強いスピンが戻ってきているからGOE期待できる
・紀平梨花選手は、予想通り衣装変更。とにかく4回転サルコウ、トリプルアクセルも注目されますが、最後の手上げトリプルルッツが一番難しい

💡【参考動画】羽生結弦選手のみどころはこちら

💡【参考動画】紀平梨花選手のみどころはこちら



 

-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦選手

【フィギュアスケート】世界選手権、羽生結弦VSネイサンチェンVS宇野昌磨 誰が勝つのか?

  2020年のフィギュアスケート世界選手権で、羽生結弦、宇野昌磨、ネイサンチェンの誰が勝つのか知りたい このような方のために、今世界選手権、誰が優勝するのか、解説していきたいと思います。 …

➁ 進化とまってませんけど・・・

羽生結弦、フィギュアスケート人生で一番の戦闘モードに突入か

羽生結弦選手、音楽も平昌のに変えたりして、めちゃくちゃ戦闘モードになっとる!でもなんでこんなに戦闘モードになっているのか知りたい このような方のために、僕が考える、羽生結弦選手がフィギュアスケート人生 …

【参考動画】羽生結弦が戦闘モードに突入した動画はこちらです。

羽生結弦が終わったという人に物申す会

羽生結弦が終わったとかいう人がムカつく このように思う方のために、羽生結弦が終わったという人が終わっている理由を、理性的に解説していきますね。 💡【参考動画】羽生結弦が戦闘モードに突入 …

羽生結弦選手

【閲覧注意】羽生結弦、北京オリンピック大ピンチ!中国の新型肺炎の影響はないのか?

羽生結弦選手、2年後の北京オリンピックに向けて、4回転アクセルに挑戦して、3連覇を目指してほしいのだけど、今新型肺炎コロナが中国で猛威を振るっている中、北京オリンピックは大丈夫なの? このように思われ …

坂本花織選手

【坂本花織】四大陸選手権のジャンプミス連発、やはり三原舞依不在の影響か

  四大陸選手権でも、全日本選手権でも、その前のグランプリシリーズでも、ミスが多くなってしまった坂本選手、もしかすると、三原舞依選手不在の影響があるのでしょうか。気になりますね。 このように …