ニュース 大人からのフィギュアスケート

【仮説】ヨーロッパ人が日本人よりもコロナに弱い理由

投稿日:



 

🍭ヨーロッパ人は甘いもののとり過ぎ

コロナ

砂糖の過剰摂取は、菌の増加を助けることで知られています。コロナの菌を研究で培養する際も、糖分を使うので、砂糖はいかにコロナを含むウイルスや菌を強めていることが分かるかと思います。

 

一方、ヨーロッパ、アメリカでは、圧倒的な砂糖の摂取量を誇ります。僕の住むベルギーでは、ケーキが甘すぎたり、チョコレートケーキに更に砂糖を加えたり、生クリームに大量の砂糖を入れたりする光景をよく見かけます。

 

その食べ方も尋常ではありません。ヨーロッパ人は、ケーキ丸ごと一つ、まん丸のやつを一人で食べてしまいます。ですから、体の中は砂糖だらけになって、菌が群がり、増殖しやすい環境を整えていることになるのです。



 

🐝子供のころに虫取りをしない人が多かったから?

コロナ

虫には、計り知れない数の菌やウイルスがいます。それが体の中に入ると、風や病気を引き起こすことがあります。日本人は、子供のころに虫取りをしていた方が多いので、すでに菌が体の中に入って抵抗力をつくり、コロナにかかっても、死ににくい状態を維持できているのではないかという説もあります。

 

ヨーロッパやアメリカは、実は虫嫌いの民族で、森はたくさんあるのに、消毒の量が日本の何十倍以上と強く、動物愛護を訴えている権利はないくらいの残酷な有様をみかけます。一方、アジア、南アフリカ、東南アジア、南アメリカ、ニュージーランドなど、虫好きな民族です。

 

このように、昆虫と戯れる時間の多さが、日本でコロナ感染が爆発しない理由になっているのではないかと考えられます。また、虫につく菌による抗体は、既に、他の病気になりにくい研究は既に出ているので、あながち間違いでもない感じはしますね。



 

🤧マスクをしなかったから?

コロナ

ヨーロッパ人の口癖は、「マスクは病気になった人だけがするもの」だそうですので、断固として、健康体の時はマスクをしませんでした。しかし、事実として、マスクをしている国ほど感染が進んでいない傾向が見受けられます。

 

ただ、中国に関しては、信憑性が無いのでアレですが、それでも、イタリアの人口比率に比べれば、中国でもっと多くの人が感染していてもおかしくない状況ですから、アジア人のマスク文化は正しい可能性があります。

 

僕は見てしまいましたが、ヨーロッパ人はトイレに行った後に手を洗う人がめちゃくちゃ少ないです。あと、富裕層が多いはずのベルギーでさえも、駅では地べたに座り込んだりして、菌に弱い状態なのにも関わらず、菌を取り込みやすい状態に自らしているところも、問題になってくるのではないかと考えます。



 

💊病気になればすぐに薬に頼るから

コロナ

ヨーロッパ人は、ちょっとのどが痛くなっただけで、抗生物質を飲みます。ベルギーは世界一、薬局の数が多い国であり、他もヨーロッパ全体的に、薬漬けになる文化生活を営んでいます。

 

ちょっと体調が悪くなっただけで薬を飲むと、薬に対して耐性ができてしまい、薬が効きにくくなってしまいます。また、菌も薬と対抗しているわけですから、菌自体も強くなります。ヨーロッパの菌は、日本よりも強いのではないかと考えたりもします。

 

一方、東洋は、特に中国や東南アジアでは、どちらかというと、漢方医療が中心になっているところもあり、自然治癒力を生かして、菌と共存しつつ、元気な体に戻していく、根本治療が優先されます。従って、基礎体力が、ヨーロッパ人よりもアジア人の方が強いのです。



 

🛀お風呂に入らないから

コロナ

「どんな病気も温めれば治る」という古い本があるのですが、それによると、菌は39度以上の熱で死ぬから、健康な時は常にお風呂の湯船につかると良いそうです。熱がある時や体調が悪い時はダメですが、熱は菌を殺すのは知られています。

 

実際に、コロナにかかると、発熱が出るのは、体の熱を上げて菌を殺そうとするためですね。一方、日本人は、お風呂好きの民族で、温泉だけでなく、毎晩湯船につかる人も多いと思います。

 

一方、ヨーロッパ人やアメリカ人は、皆様お察しの通り、シャワーだけで済ませている人ばかりですね。温かいお湯に10分くらい浸かることで病気になりにくい日本と違って、欧州諸国は、いずれにせよ菌に弱い生活をしていたことが感染拡大の原因になったと僕は考えます。



 

 

 

-ニュース, 大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦選手の四大陸選手権

【羽生結弦】四大陸選手権「SEIMEI」テクニカル解説と感想

今日は羽生結弦選手の四大陸選手権フリー「SEIMEI」のテクニカル解説見ていきましょう♪ 💡【参考動画】羽生結弦選手の四大陸選手権の内容はこちら   もくじ1 &#x1f45 …

紀平梨花選手

【四大陸選手権】紀平梨花選手、後半のトリプルフリップの舞、圧巻の極め付け

紀平梨花選手、4回転サルコウ回避の上に、トリプルアクセルも失敗したのになんで優勝したのか教えて欲しい このような方のために、紀平梨花選手が四大陸選手権のフリーで失敗したのに高い得点が出せた理由を解説し …

羽生結弦選手

羽生結弦選手の来シーズンに向けた取り組みを考察する

  もくじ1 問題:羽生結弦選手の来シーズンはどのようになるのか?2 予想:音楽はボレロを使うのではないか?3 課題:作品性とジャンプのバランスが大切かもしれない 問題:羽生結弦選手の来シー …

羽生結弦

【批判覚悟】羽生結弦みたいに成功したいのなら、この真実を知っておくべきです

羽生結弦選手ってすごいけど、どうすれば僕も羽生結弦みたいになることができるのだろう。フィギュアスケートでなくても、成功する方法などがあれば教えて欲しい このような方のために、本日は、羽生結弦選手のよう …

【フィギュアスケート】羽生結弦選手の演技の素晴らしさをテクニカル的に分析してみた

  もくじ1 はじめに2 世界一のスケート技術3 魅力的な演技の構成4 世界一美しいつなぎのステップ はじめに まず、この4大陸選手権の演技構成点パネルをご覧ください。昔は満点を出した項目も …