大人からのフィギュアスケート

⛸【フィギュアスケート】羽生結弦選手の苦手な技は何か?🤔

投稿日:



 

フリップジャンプ

羽生結弦選手は今のところ、フリップジャンプが5つの4回転ジャンプの中で試合で決めていません。(4回転アクセルを除いて)また、試合では、フリップジャンプで正確なエッジでジャンプを飛んでいないという判定を受けることがありますね。

それを考えると、フリップジャンプが苦手ではないかと考える人も多いと思います。フリップジャンプは、通常、ルッツと違って、インサイドで飛ばなければいけないだけではなく、飛ぶ前にルッツには通常みられないターンや、ステップがあります。

このルッツには見られない、フリップ独特の動きが、厄介で難しと感じる人もいますが、インサイドで飛ぶ方が簡単とされるけど、むしろそれが難しいと感じる人も一定数おられます。羽生結弦選手は、インサイドで飛ぶのが苦手なようですね。



https://www.youtube.com/watch?v=ZcnROjJcqNQ



苦手な技はこだわりと努力ですべて克服したか

羽生結弦選手は、苦手だからできないという言い訳が好きではありません。ですから、できないなら練習して習得するだけという思考が常にありますね。イナバウアーやビールマン、4回転ルッツ、ループなどのけがの原因になったジャンプも、トラウマを乗り越えて、習得してきたのです。

また、羽生結弦選手は、たとえ練習で完璧にできていなくても、本番では挑戦してくる勇気があります。調子が悪いとむしろ「やってやる」という心が強く出てきます。苦手なはずなのに、本番では見事に成功できてしまうこともあるようですね。これが羽生結弦選手の強さだと思います。

なので、羽生結弦選手はどちらかというと、練習で身に着けるというよりは、なんとなく形ができたら、試合にいれてしまい、試合で感覚を植え付けるスタイルで成長してきたような気がします。苦手な技も、本番でやってやろうという熱心な好奇心で、オリンピックを2連覇したといっても過言ではないですね。



https://www.youtube.com/watch?v=ZcnROjJcqNQ



 

スタミナ

羽生結弦選手はショートプログラムよりも、フリースケーティングが苦手な印象を受けます。すべてではないと思いますが、スタミナがトップ選手の中では、少ない方ではないかと思います。

特に宇野昌磨選手、ネイサンチェン選手のスタミナは異次元のものがあります。それに比べて羽生結弦選手は、フリーを終えた後、息が切れてしまうことが多いですね。なので、苦手意識があるとすれば、スタミナではないかと考えます。

逆に言うと、スタミナが少なく、ある程度ハンディーキャップがある状態にもかかわらず、オリンピックで2大会金メダルが取れたのは、やばいことです。次のオリンピックでは、体力勝負になることは承知していますが、それでも乗り越えられると信じています。



https://www.youtube.com/watch?v=0E9xuhku6Z8&t=129s



-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【フィギュアスケート】羽生結弦 世界一得意な技トップ3

  もくじ1 イーグル多様術2 エッジ系ジャンプ3 伸長性のスピン イーグル多様術 イーグル多様術というのは、写真のようなイーグルポジションから、様々な形に変化させる術で、羽生結弦選手は、多 …

⛸【フィギュアスケート】羽生結弦選手と宇野昌磨選手のジャンプの違いと特長、魅力をお話しします

  羽生昌磨、宇野結弦・・・・・   もくじ1 羽生結弦選手はフライパン、宇野昌磨選手は納豆2 なぜそのようになるのか?3 その違いがはっきり分かるシーン 羽生結弦選手はフライパン …

友野選手

【四大陸選手権】友野一希選手、フリーの演技内容を解説:今シーズン一番成長率が高かった選手

友野一希選手の四大陸選手権の演技内容で良かった点などが知りたい このような方のために、本記事では、友野選手の四大陸選手権での素晴らしかった点や、今シーズンを振り返ってどのような1年だったのかについて解 …

羽生結弦が成功した理由に一同は涙する

  成功者は○○がやばい   もくじ1 目力2 情熱を語れる眼3 成功したときの喜び、至福の眼 目力 成功者の特徴を見ると、目力が凄いことが分かりました。羽生結弦は、目力が凄いと思 …

宇野昌磨

【チャレンジカップ】宇野昌磨、疑惑の4回転サルコウ

宇野昌磨の4回転サルコウが、実は3回転だった疑惑が物議になっているのって本当?真実がしりたい このような方のために、宇野昌磨選手のチャレンジカップでのフリースケーティングの4回転サルコウをピンポイント …