大人からのフィギュアスケート

第89回全日本選手権ショートプログラム 羽生結弦選手「Lets Me Entertain You」のプロトコル表の分析😘

投稿日:

(出典:Japan Skating Federation Official Results & Data Siteより引用)

 

① 優しいジャッジ 厳しいジャッジ

まずジャッジ6番と7番の方は、各技術のGOEおよび、演技構成点の10点満点で評価される各項目の評価が相対的に高く、ジャッジ6の方は、4つ目の項目であるコンポジションが10点満点を出されていることがわかります。

 

コンポジションは、評価の一部に、空間と動きの多次元的な部分が示されており、羽生結弦選手の衣装や、独創性を、より高く評価していることにほかなりません。やはり「黒い衣装」はあまり実践したことがなかったので、真新しい印象をジャッジに与えたかもしれません。

 

一方、ジャッジ1の方は演技構成点の欄が相対的に他のジャッジよりも厳しく採点されていることがわかります。またジャッジ4の方は、3つ目の要素「フライングキャメルスピン」をGOE1として評価しており、ほかのジャッジが3,4を出している中で、厳しい評価といえます。これだけ見ても、ジャッジによって、点数のムラが比較的大きいことが分かりますね。

 

② 世界最高級のトリプルアクセル

ほとんどのジャッジが、最高GOEである5か、続く4を出す見事な出来栄え点ですね。厳しいジャッジ1は4ということで、どうしても満点を出してくれないところが気がかりではありますが💦

 

羽生結弦選手のトリプルアクセルは、トリプルアクセルを入る前に、カウンターと呼ばれる、フィギュアスケートのバッジテストのステップテストでは、ロッカーに並ぶ最難関のステップ技を行ってから、直ちにジャンプを行ったことで、高評価につながっています。

 

それだけではなく、自力飛躍力の高さと、飛んだ後にフリーレッグを伸ばす(キックする)動き、さらにカウンターの前にもイーグルのチェンジエッジなど行ってもきれいなスケーティングが維持されていたことも、アクセルの高評価につながったと考えられます。

 

ありがとうございます。

続きもお楽しみ

 

 

 

-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦

【批判覚悟】羽生結弦みたいに成功したいのなら、この真実を知っておくべきです

羽生結弦選手ってすごいけど、どうすれば僕も羽生結弦みたいになることができるのだろう。フィギュアスケートでなくても、成功する方法などがあれば教えて欲しい このような方のために、本日は、羽生結弦選手のよう …

⛸【フィギュアスケート】羽生結弦選手の一番得意な技はなにか?🤔

  もくじ1 羽生結弦選手はジャンプは実は苦手だった?2 はっきりとした技、明らかにそれとわかる技が得意では?3 一番得意な技なんてないのかもしれない 羽生結弦選手はジャンプは実は苦手だった …

羽生結弦選手

【フィギュアスケート】羽生結弦選手の凄いジャンプトップ3

  もくじ1 サルコウ2 ループ3 トウループ サルコウ サルコウジャンプは、写真で見ると両足ですが、最終的に左足だけで踏み切ります。左足で踏み切るジャンプは、他にトウループジャンプとアクセ …

宇野

【宇野昌磨】チャレンジカップ、FS、フリースケーティング解説

宇野昌磨のチャレンジカップ、めちゃくちゃ凄かった。具体的にどのあたりが凄かったのかを詳しく解説して欲しい このような方のために、宇野昌磨のチャレンジカップ、フリースケーティングで、素晴らしかった点につ …

宇野昌磨

【チャレンジカップ】宇野昌磨、疑惑の4回転サルコウ

宇野昌磨の4回転サルコウが、実は3回転だった疑惑が物議になっているのって本当?真実がしりたい このような方のために、宇野昌磨選手のチャレンジカップでのフリースケーティングの4回転サルコウをピンポイント …