大人からのフィギュアスケート

⛸【フィギュアスケート】羽生結弦選手の4回転アクセル挑戦と引退時期について

投稿日:



 

羽生結弦選手が4回転アクセルを挑戦し、成功したら引退してしまうのか?🤔

僕の動画を見てくださっている方から、4回転アクセル挑戦して、それでやめるのかなーということで、4回転アクセル成功は、引退のカギになって今うのかどうか、気になっている方多いと思います。

実際に、僕も、ある程度、羽生結弦選手は4回転アクセルを試合で挑戦して、決めたらフィギュアスケートに対してある程度けじめがつくような気もします。4回転アクセルはフィギュアスケーターのあこがれですから、それが決まったら、炎が燃え尽きてしまいそうですね。

4回転アクセルは、この前もお話ししましたが、だれもやったことがない未知のジャンプで、先生がいないのが現状です。誰が最初に決めて、パイオニアになるのか、椅子取りゲームはスタートしているといっても過言ではないでしょう。もちろんギネスにも乗ると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=NDaJCv7G0hI



 

僕は、4回転アクセル成功が、引退の理由になる可能性は、70%くらいかなと考えています( ˘•ω•˘ )

僕は、確かに羽生結弦選手が、4回転アクセルを試合で決めたら、引退する可能性はあると思います。逆に言ったら、4回転アクセルの成功がなければ引退はないといっても過言ではない感じがありますね。

一方、羽生結弦選手の辞書には、ルールがなくて、4回転アクセルだけがフィギュアスケートのこだわりでもないかもしれません。というのも、羽生結弦選手は、アクセル以外にも、フリップジャンプで4回転をすることができません。

ですから、アクセルが決まっても、6種類のうち、5種類はマスターしたことにはなるけれど、やはり、6種類すべての4回転ジャンプを成功させたいという欲が出てきてもおかしくはない、このように僕は考えます。

https://www.youtube.com/watch?v=viI2P8qbG2Q



 

北京オリンピックで、4回転アクセルを入れて、金メダルでそのまま引退か?

僕は、4回転アクセルは、別にオリンピックに絶対入れたい技ではなさそうな気もします。グランプリシリーズなどで4回転アクセルを決めて、ギネスに乗るような感じでもよいのではないかと思います。

というのも、羽生結弦選手にとって、今一番かなえたい夢は、オリンピックで3連覇するということだと考えられるからです。オリンピックで3連覇するためには、4回転アクセルよりも、ある程度4回転を入れつつも、だれがミスをしないかの戦いになるからですね。

北京で金メダルをとり、その後、2023年のグランプリシリーズなどで6種類すべての4回転ジャンプを決めるなどして、ようやくけじめがつくか、あるいは、そのままやっていたら、またオリンピックがきちゃって出場することになったという嬉しいオチになりそう気がしますね。



 

 

-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦選手

【閲覧注意】羽生結弦、北京オリンピック大ピンチ!中国の新型肺炎の影響はないのか?

羽生結弦選手、2年後の北京オリンピックに向けて、4回転アクセルに挑戦して、3連覇を目指してほしいのだけど、今新型肺炎コロナが中国で猛威を振るっている中、北京オリンピックは大丈夫なの? このように思われ …

羽生結弦選手

【世界選手権】羽生結弦を応援する会

💡【参考動画】羽生結弦が秋に寄せてを辞めた理由に春が寄せられる   もくじ1 日本を勇気づける羽生結弦2 究極のネイサンチェンに挑む3 プーさんも羽生結弦の味方4 まとめ:羽 …

ANA

羽生結弦選手が所属するANAの経営状況が急速に悪化している可能性について解説するブログ

  もくじ1 💰 ANAはどれくらいこれまで稼いでいたのか?2 💡 ANAはどんな対策をしているのか?3 ⛸ 羽生結弦選手を支えることができるの …

羽生結弦

羽生結弦 4回転アクセル以外の大技に挑戦する可能性ありか!?

    もくじ1 イナバウアーからのトリプルアクセル2 3アクセル+4回転トウループ3 4回転+4回転のコンビネーションジャンプ イナバウアーからのトリプルアクセル 羽生結弦選手は …

四大陸選手権、羽生結弦のここに注目【陸上フィギュアスケーターの解説】

四大陸選手権、羽生結弦のここに注目したい【陸上フィギュアスケーターの解説】

四大陸選手権での羽生結弦選手の見どころが知りたい このような方のために、陸上フィギュアスケーターの株くんが、羽生結弦選手の見どころについて、詳しく解説しますね。 💡【参考動画】羽生結弦 …