ニートの就職活動 ネットビジネス

40代のニートが生きていく方法

投稿日:2019年9月16日 更新日:

まとめ

40代でニートなんだけど、生きていく方法が知りたいな。

このような方のために、記事を作成しました。以下の通りで解説しています。

 

💡 今回の記事を書いている僕は、40代のニートに寄り添いつつ、どのような人生設計をしていくべきかを常に研究し、実際に多くの方の結果に貢献しています。なので、今回の記事はある程度信頼性が保てるのではないかと思います。


前半:40代のニートが生きていく方法

前半:40代のニートが生きていく方法

ここまで来ると、正直やばすぎて焦らなくなりますよね?ですが、支えてくれる人も高齢化し、いつか確実に地獄が待っているので、今のうちに手を打っておきましょう。ザックリ50歳までに、その準備を整えておくと良いです。その整え方について、詳しく解説しますね。

で、40代のニートが生きていく方法は、結論から言うと、

➀ 就職する
➁ ネットビジネスをする
➂ 経済的援助を受ける

この3つですね。では、順に解説していきますね。

 

➀ 就職する

嫌かもしれませんが、就職することで、生きていくことができる方法にはなりますね。ただ40代にもなると、なかなか採用してもらえないのも事実なので、40代でもOKな企業や会社に就職するのが良いでしょう。とくに、人材不足を常に抱えている会社は、40代でも簡単に就職することができるので、おススメではありますね。で、その人材が不足している企業や会社は以下に載せておきましたので、登録して求人を確認してみると良いでしょう。

👑 40代でも入りやすい企業と求人

【タクシードライバー】:タクサポ
【パチンコ】:アルファスタッフ
【福祉業界】:介護JJ
【介護特化】:かいご畑
【リゾートバイト】:アルファリゾート
【製造業】:お仕事情報ネット
【ホワイト派遣会社】:好条件の派遣のお仕事

これが現在40代でも空きがある最後のホワイト求人情報ですね。就職するならこの中から選んで求人を見つけると良いでしょう。

✔【ただし、エンジニアや、看護師など資格を持っている方もいると思うので、その場合は後日、記事を作成します】

 

➁ ネットビジネスをする

就職したくないのなら、ネットビジネスをするのはどうでしょうか。家で引きこもりつつできるので、誰とも会いたくないけど、お金は稼ぎたいという人は、おススメかも知れません。しかし、ネットビジネスはそんなに簡単なことではないので、簡単に稼げるという間違った思考で始めると確実に挫折するので、それを覚悟したうえで、始めたい方は、他の記事で解説しているので参考にしてみると良いでしょう。

【参考記事】:ニートからのネットビジネスの実践順番【初期投資0円から最終的に億万長者を目指す】

 

➂ 経済的援助を受ける

就職もしたくない、ネットビジネスもしたくないのなら、誰かから経済的援助を受ける必要があります。それが身内ならば、お互いOKならば、それでいいと思います。ただし、先ほども言いましたが、40代でニートともなると、両親は高齢化し、経済的に援助をするのが難しくなるのは今後明らかです。なので、もし、今ニートの状態が許されていたとしても、ネットビジネスを始めたり、なにか準備をしておく必要はあるかと思います。

 

あと、他の方法として、恋活をして、援助してもらう方法がありますが、それは後半に解説しますので、お楽しみくださいませ。


後半:トリックを使って生きる方法

後半:トリックを使って生きる方法

後半はちょっと小技を使った、40代のニートでも生き抜く知恵を授けたいと思います。現実的な範囲で、できるところから始めてみましょう♪

👑 40代のニートが小技を使って生き抜く方法

➀ ニートを精神疾患と定義させる
➁ 生活保護をもらう
➂ 若作りして恋活をする

この3つになります。それでは順に解説していきますね。

 

➀ ニートを精神疾患と定義させる

最初から、何言ってんだという感じですが、ニートであることを精神病の一つとらえることで、あるメリットを受け取ることができます。そのあるメリットとは、引きこもりになっていることをうつ病のせいであるとし、医者からうつ病の診断を受けることになります。これがなんのメリットにつながるのかというと、いろいろな社会保障を受け取ることができます。たとえば、東京メトロが無料で使えるようになったり、保険料を払わずに済むようになったりします。非常に悪用厳禁ですが、小技テクニックとして覚えておいてください。

 

また、うつ病診断をあえて受けることによって、うつ病専門の就職エージェントを活用することができます。これは、就職する際にめちゃくちゃメリットにすることができ、普通のニートよりもうつ病にかかっている状態の方が、40代でも良い企業に就職することができてしまうことがあるのです。うつ病専門の就職エージェントについては、他の記事で詳しく解説しています。

【参考記事】:うつ病の方のための就職活動の方法【無職・ニートでもOK】

 

➁ 生活保護をもらう

最近では、生活保護をもらうのが厳しくなってきていますが、生活保護をもらう方法も、生きていくためには必要になることがあると思います。生活保護をもらう方法も他の記事で書いていますので、参考にしてみて下さい。

【参考記事】:この記事内の中盤あたりに記載

 

➂ 若作りして恋活をする

男ならヒモ、女なら経済的に援助してくれる男性を探すことも一つの方法としては上げられます。しかし、40代の男女を相手にしてくれる人は、ほとんどいないというのが現状としてはあります。なので、若作りをして、恋活をするともしかしたら上手くいくかもしれません。どれくらい若作りすれば良いかというと、ザックリ30代中盤くらいまでですね。20代だと完全に怪しまれるので、34歳くらいに設定しておくと自然性が保たれます。相手は40代くらいの人を選ぶと良いでしょう。ただし完全に自己責任ではありますので、そこはご理解ください。とはいえ、テクニックとしては、覚えておくのも生きるためには必要な時があるのも事実です。

【参考記事】:ニートがヒモ男になる方法【真剣】

💡 嘘をつくのは良くないですが、自殺まで考える40代のニートの方がいるので、そこまで行くなら自己防衛としては、全然ありなのですよ。不義理かもしれませんが、救われる場合もあります。ここでヒントを言うと、嘘をつきつつヒモになりつつ、ネットビジネスで成功させて、後で恩返しをすることが一番おススメですね


まとめ

まとめ

それでは、今日解説した内容をまとめるメェ~♪

💡 前半:40代のニートが生きていく方法

➀ 就職する
40代ニートでも受け入れてくれる求人をみる。

➁ ネットビジネスをする
→就職したくないなら、家で引きこもりつつ、ニートしつつ、稼ぐ

➂ 経済的援助を受ける
家族との関係がニートでもOKなら続けても良いが、他に見つけるのも良い

💡 後半:トリックを使って生きる方法

➀ ニートを精神疾患と定義させる
うつ病と診断をわざと受けた方が、生きていく上で有利になることが多い

➁ 生活保護をもらう

➂ 若作りして恋活をする
35歳くらいまで若作りしつつ、40歳くらいの恋人を探すのがベスト

 

こんな感じで解説しました。

今日はこれで終わりです。

-ニートの就職活動, ネットビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山口 就職

山形県に就職したい!山形県のおすすめの就職エージェント【ニートでもOK】

山形県で就職したんだけど、おすすめの就職エージェントがあれば教えて欲しい。また、これまで一度も就労経験が無いので、それでも活用できる就職エージェントかどうかも知りたい   このような方のため …

山口 就職

佐賀県で就職したい!おすすめの就職エージェント【ニートでもOK】

佐賀県で就職したい。佐賀県でおすすめの就職エージェントがあれば教えて欲しい。また、今ニートなんだけど、ニートでも活用できるかどうか知りたい。   このような方のために、以下の内容で解説してい …

岐阜

岐阜県で就職したい!おすすめの就職エージェント【ニートでもOK】

岐阜県で就職したい。岐阜県でおすすめの就職エージェントがあれば教えて欲しい。また、今ニートなんだけど、ニートでも活用できるかどうか知りたい。   このような方のために、以下の内容で解説してい …

アフィリエイトで年収1,000万円以上を稼ぐ方法【無職・ニートでもOK】

ニートなんだけど、アフィリエイトでいっぱい💰稼ぎたいメェ~🐏 そういう羊さんのようなのんびり屋のニートさんにもやさしいアフィリエイト1000万円の稼ぎ方、紹介していきま …

ニートのためのおススメの就職エージェントの種類【2019年最新版】

ニート向けの就職エージェントは、どんなものがあるのかを知りたい。   このような方のために、以下の内容で解説しています。   💡 今回の記事を書くにあたって、プロの …