銘柄の紹介

【株】株で勝てない方必見!今週のお宝銘柄3選の紹介【2020年1月15日】

投稿日:

銘柄選び

株で勝つことができない。どのような株を買えば良いのか教えて欲しい。

このような方のために、今週のお宝株を紹介しつつ、株で儲けることができるように解説していきます。

🐉本日のポイント

➀今週中に株価が噴き上げる可能性が高い銘柄の紹介
➁株価が500円以下のお宝銘柄である事
➂場合によってはテンバガー株

💡【参考動画】:この株、仕手株です



 

株で勝てない方必見!今週のお宝銘柄3選の紹介【2020年1月15日】

株で勝てない人

今回紹介する株は、今週中(1月15日~17日)の間に、株価が噴き上げる可能性が高い銘柄です。主にファンダメンタルズと、特集された銘柄で、まだ注目度が低い株で、かつチャートで見ても今が買い時の銘柄に絞りました。

💡今週のお宝銘柄3選の紹介

➀セプテニーホールディングス
➁第一商品
➂ランド
この3銘柄の株になります。順番に解説していきますね。


➀セプテニーホールディングス

セプテニーホールディングスは広告代理店大手の会社になります。漫画アプリなども開発しているそうですが、メインは広告代理ですね。この銘柄は、赤字が続きましたが、ここ最近急浮上の見通しが立っており、株探の情報サイト先読み司令部から、値上がりする可能性が高いとの見通しが発表されています。

💡以前、燦キャピタルホールディングスや夢みつけ隊などが急騰する2週間くらい前に、株探の情報サイトの先読み司令部で、値上がりする銘柄として取り上げた後、大体2週間くらいで、急に株価を上げた経験があるので、信頼性はありますね。

 

しかし、正直のところ、いつ上げるかまでは明確ではないので、今週ではなく、来週に連れ込むことは考えておくべきです。では、このセプテニーホールディングスの株価が実際に上がるかどうか、見ていきましょう。



 

セプテニーホールディングスのチャート分析

週足の様子

 

30分足の様子

週足、30分足共に、どこで買っても良さげですね。まずは、セプテニーホールディングス今の株価が289なので、株価が300を超えるかどうかが大きなカギになるかと思います。もし、株価が300を超える場合、30分足では、ボックスの頂点に触れ、そこからボックスを超えれば確実に株価350円のラインを突破することが可能だからです。

 

仮に株価が350円まで届いた場合、週足でもボックス圏の上限に触れることになるため、株価が350円うわ抜けてくれば更なる上昇も期待できますから、含み益のまま責めるのか、一旦利確して再度エントリーするのか、判断したいところですね。

 

なので、もしセプテニーホールディングスでエントリーするなら、まだ株価が200円台の今のうちに入っていただき、300円を目指すところを考えて、そのあとしっかり上抜けることができるなら、350円まで持っていけるので、十分ボラも高く、大きく儲けることができそうです。

 

💡しかし、もし300円を超えられない、もしくは15日の寄り付きの段階で、300円のギャップアップから始まった場合は、14日で買った人の利確売りも出ないわけではないので、そこを判断しつつ、なるべく安値で入ることを忘れないようにしましょう。



セプテニーホールディングスのファンダメンタルズ分析

セプテニーホールディングスの業績を見ていくと、まず、利益剰余金が100億円で有利子負債が0なので、これは非常に高く評価できますね。ROEとROAは現時点でマイナスなので、こちらは不安ですが、予想では、高くなる見通しです。

 

ただし、足元での利益が減っているのはまずいですね。予想では浮上方向ですが、どこまで予想が当たるのかは分からないので、セプテニーホールディングスの業績は悪く、今後浮上する可能性があると言った見方で良いかと思います。

 

 

なので、決め手は、まず会社に多くのキャッシュを保有していること株探の先読み司令部で特集されたこと、この二つが、セプテニーホールディングスの株価が上がるのではと予想した根拠になります。そして、浮上見通しであることをポジティブに考えた大口投資家の買いが入りやすいことも、要因としては考えられますね。

💡【参考記事】完全にノーリスクで取引したい方はコチラの証券口座(無料)を開設



 

➁第一商品

続いては、第一商品の株の紹介です。第一商品は世界でも最大級の商品先物取引の会社で、預かり資産は世界最大級を誇る会社です。貴金属の現物取引なども行っているようですね。こちらの銘柄は、仕手性が見られることと、週足レベルで下落から上昇に転じたこと、日足レベルでやや下げてきたこと、この3つが今週上昇する可能性が高い株であると紹介した根拠になります。

 

第一商品の株の場合、噴き上げたらストップ高までは簡単に進んでしまうだろうと過去のチャートデータでも分かっています。しかし、セプテニーホールディングスの株と同様、いつ、何時に株価が噴き上げるかは分からない点が株の難しいところです。

 

💡対策としては、今ちょうど株価が下げてきている段階で、100株か200株くらい打診買いして、ナンピンあるいは買い足すなど、いきなり大きなお金を投じず、少しずつ入れてみることが必勝へのパターンですね。

 

第一商品のチャート分析

週足の様子

日足の様子

まず、第一商品の株の日足チャートは、青色の75日長期線が、長く下向きで、下落トレンドだったのが、直近で上向きに変わりましたね。なので、ここから上昇トレンドになることは、ほぼ間違いないです。なので、中長期保有で第一商品の株を保有するなら、今がちょうど買い時ですね。

 

また、日足のチャートを見ると、1週間前に急に株価が上昇して、株価が350円あたりで反発して、株価を下げて、現在株価が260円です。この株価が260円というのは、実は、最初に急騰したときの、稜線のちょうど終値です。つまり、下値抵抗線は、おそらくこの株価260円付近だと見ることができます。

 

もう一度週足のチャートを見ると、2011年の春頃に、株価が急騰した場面があるかと思います。この時のシナリオとチャートパターンが似ています。実はこの時、東日本大震災によって、日本株が凄く低くなった時です。ところが第一商品の株は急騰しています。第一商品は、日経225が下がると、上げやすい銘柄になっているので、この第一商品が上昇トレンドになったというのは、日本株が氷河期を迎えるサインだという事もできなくはないです。

 

それは置いておいて、では、どこで買うべきかというと、現在の第一商品の株価が260円で、直近では底値圏だと判断しているので、やはり早いうちにまずは打診買いですね。第一商品の場合も、株価300円をまず目指したいところです。もし、株価が300円を超えるようですと、次は株価が350円まで案外スムーズに上昇する可能性が高いので、様子を見つつエントリーですね。

 

💡第一商品の株は、日経225が下落すると、買われて上昇する傾向があるので、日経225が低くなっているときに、買ってみることをおすすめします。



第一商品のファンダメンタルズ分析

では、第一商品の業績を見ていきましょう。まず、営業収益は大きく見ると年々下げています。ただし、純利益は大幅損赤字だったのが、黒字に転換しているのが分かります。ここは非常に評価できる点ですね。

 

また、第一商品のROEとROAはともにマイナスですが、予想では高くなるそうですね。あくまでも予想ですので、現段階では、あまり評価しにくいかと思います。自己資本比率は30%以下と低いので、不安ですが、有利子負債が0で、利子付きの借金がない上に、利益剰余金がある程度はあるので、目先倒産のリスクはなさそうと判断しますね。

 

結論をいうと、第一商品の株は、これから再成長していく可能性が高いと判断されるため、短期、中期、長期ともに設けることがある程度できやすい銘柄であると判断しました。

💡まずは、最初のステップとして、第一商品の株価が300円を超えるのはいつになるのかが、大きなターニングポイントになってくるかと思います。

💡【参考記事】完全にノーリスクで取引したい方はコチラの証券口座(無料)を開設



 

➂ランド

ランドは、関東南部の多摩地区、横浜に拠点を置く、マンション開発の業者で、太陽光パネルにも大きく力を入れている会社です。ランドは株価が12円と、日本の株式市場の銘柄の中では、最下位に近いボロ株として有名ですが、ランドの業績は非常に良好で、ボロ株の中では、一番上昇する可能性が高い銘柄として、注目が高くなってきています。

 

ランドは、場合によっては、テンバガー、ハンバガーの可能性も少なくありません。ランドの現在の株価が12円ですから、120円でテンバガー、1200円でハンバガーになるわけです。なので、長期的に、大儲けできる可能性を大きく秘めている銘柄で、密かに買い集めている投資家も多いと聞きます。

 

ランドのチャート分析

週足のチャート

 

日足のチャート

ランドの週足チャートを見ると、これまで長らく下落トレンドだったところを、巻き返した様子が直近の株価付近で分かります。これは、2013年のやはり春頃に同じようなデータがありますね。なので、このシナリオへ進むのならば、また株価が噴き上げる可能性は高いです。

 

一方、日足のチャートを見ると、株価がそろそろ青色の長期線にぶつかりそうですね。上昇トレンドの場合、タッチした付近で、反応することがほとんどなので、もう時間の問題だと思います。もし、今週上げなかった場合や、仮に株価が11円になってしまった場合は、むしろ買い増しして、噴き上げるところを乗りたいですね。



ランドのファンダメンタルズ分析

ランドは株価の割には、業績が先ほど紹介した第一商品や、セプテニーホールディングスよりもはるかに良いですね。横ばい圏と言っていい感じですが、予想では、かなり増益を見込んでいます。上方修正も間近なのではないかと考えられますね。

 

また、ROEとROAの値も高く、さらに、有利子負債に比べて剰利益余金がはるかに多く、ランドの借金よりも、はるかにキャッシュの方が多いところもかなり高評価できる点です。また自己資本比率も高いので、ランドは非常に好業績で、これからかなり成長することが見込まれると判断することができました。

 

問題は、いつ株価が上がるのかという事ですが、やはりチャート分析でみると、そろそろ上げそうな感じなので、今週中に試し玉をいくつか買ってみて、ダメでもスウィングとして保有しておいても問題ないかと考えますね。

💡【参考記事】完全にノーリスクで取引したい方はコチラの証券口座(無料)を開設



 

まとめ

銘柄選び

それでは本日解説した内容をまとめますね。

🐉本日のポイント

➀今週中に株価が噴き上げる可能性が高い銘柄の紹介
➁株価が500円以下のお宝銘柄である事
➂場合によってはテンバガー株

💡今週のお宝銘柄3選の紹介

➀セプテニーホールディングス
➁第一商品
➂ランド

💡【参考記事】完全にノーリスクで取引したい方はコチラの証券口座(無料)を開設



 

-銘柄の紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この株を買えば儲かる

【株くん】1月14日にストップ高になりそうな銘柄10選【2020年】

2020年1月14日㈫に値上がりする可能性が高い銘柄を教えて欲しい このような方のために、明日1月10日㈮に株価が上がる可能性が高い銘柄を紹介しますね。 💡このブログの内容 このブログ …

株

【株】第一商品、ビジョナリー、ヤマトインダストリーがストップ高へ

第一商品、ビジョナリーホールディングス、ヤマトインダストリーがどうしてストップ高する可能性が高いのか教えて欲しい。 このような方のために、この3銘柄がストップ高する可能性が高い理由を解説しています。 …

no image

【株・FX】株くんの資産状況と2019年の反省と2020年への対策

⛅株FX天気図 💰【ドル円】円高で、アメリカ株弱まるか。アメリカ株安台風が発生、2020年大発会に日本へ接近する恐れ 🍅【年末株安低気圧】急発達し、利益確 …

まとめ

【株】どの銘柄を買えばよいの?おすすめの銘柄3選の紹介【2019年11月10日】

株の取引でどの銘柄を買うべきかわからない。また、ニートで資金が少ないので、株価が1000円以下でも買える銘柄を教えて欲しい。   このような方のために、本日は、挑戦というテーマでおすすめの銘 …

年越し株

【株】年越し株は決まりましたか?おすすめのお年玉銘柄3選【2019年12月26日】

2019年今年ももうすぐ終わってしまう。今年の終わりに仕込んで、来年早々で初利益を上げたるためには、どのような銘柄を買えばよいの? このような方のために、本記事では、具体的に3銘柄の年越しおすすめ株を …