大人からのフィギュアスケート

【世界ジュニア2020】佐藤駿のショートプログラムの解説

投稿日:



 

エッジケースを履くシーンが男らしかった

佐藤駿

佐藤駿選手、以前の動画で、彼の魅力は男らしいところだからそこに注目すると面白味が増えると解説しましたが、本日のショートプログラムも男らしかったですねー。とくに目がいったのは、スケート靴のエッジケースを履くシーンです。

 

このシーンで女性は一気にファンになってしまった人もいたのではないでしょうか。画像でも男らしさが伝わるので、動画を見ていた人は、なおさら佐藤駿選手の男らしさ、セクシーさにマイチングしてしまったのではないかと思います(;・∀・)

 

フリースケーティングでは、ロミオとジュリエットで滑ってくれますが、佐藤駿選手の更に男らしいしぐさに注目してみると、フィギュアスケートを違った視点で見ることができるアレにもつながる思いますね♪

💡【参考動画】佐藤駿選手の魅力はこちら



 

ジャンプの準備時間が短い

佐藤駿選手

佐藤駿選手のショートプログラム、技術的なお話を解説しますと、とくに際立って素晴らしいと感じた点は、ジャンプに入る時の構えが少なかったのに、高さのある美しいジャンプを跳んでいたことです。

 

とくにその中でも、めちゃくちゃ緊張感の高い冒頭のジャンプで跳んだトリプルアクセルの美しさは究極に素晴らしかったと思いました。加点も2点台の後半が出てましたし、怖がらずにジャンプに挑める点、やはり男らしさをここでも感じます。

 

また、更に男らしさをお話ししますと、スピンもやばいです。はい。スピンも男らしいスピンで、柔軟性に変わる回転速度、ポジションが男らしくて、どこのポーズを映しても、技術も表現も、話の終わりは男らしいで締めくくる、そんなショートプログラムだったと思います。

💡【参考動画】佐藤駿選手の魅力はこちら



ジャンプを決めた後の安心感が物凄かった

男は黙って4回転ジャンプと言わんばかりの勇者性ある佐藤駿選手ですが、今大会のショートプログラム、さすがに緊張したようです。とくに、最初出てくるときの表情は下を一瞬向いて、緊張してるなーと感じましたね。

ですから、最後のトリプルループを終えた後のスピードは速く、全部のジャンプを決められた安心感が伝わります。特に最後のコンビネーションスピンはめちゃくちゃ速かったです。このことからも、相当緊張感が高い試合であったと感じましたね。

 

やはり、グランプリファイナルで優勝を飾っていますから、この世界ジュニア選手権でもタイトルを取りたいはずです。鍵山優真やロシア、イタリアに強い選手がいますが、良い演技をして、男らしく金メダルがつかめるか、注目していきましょう。

-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【フィギュアスケート】北京五輪日本メダル独占か!羽生結弦・宇野昌磨・鍵山優真・高橋大輔の魅力

  もくじ1 羽生結弦2 宇野昌磨3 鍵山優真&高橋大輔 羽生結弦 この3選手の中で、令和に一番ふさわしいルックスをしているのは、羽生結弦選手であると考えられます。理由は、令和という時代が、 …

羽生結弦が羽生結弦になった理由は、一体なんだろうか?

  YUZUれない、そんなあなたにゆず子ちゃん♡   もくじ1 ジャンプじゃなかったから2 普通は女性がやるような技を積極的に入れたから3 先見の眼が凄いから ジャンプじゃなかった …

羽生結弦

羽生結弦はどんな食事をしているの?みんなで羽生結弦メニューを食べて健康になろう♪

  もくじ1 羽生結弦は何を食べているの?気になるアスリートの食事♪2 かなりバランスの取れた食事をしている可能性が高い3 羽生結弦選手から学ぶ:鍋類の秘訣を知る 羽生結弦は何を食べているの …

宇野君

【緊急】宇野昌磨サルコウ、謎深まる

宇野昌磨くんの4回転サルコウ、完全に4回転回っているって株くんは言うけど、回っていないと思う。 このように思われる方が、多かったので、今回もう一度宇野君の4回転サルコウを見直しつつ、解説していきたいと …

坂本花織選手

【坂本花織】四大陸選手権のジャンプミス連発、やはり三原舞依不在の影響か

  四大陸選手権でも、全日本選手権でも、その前のグランプリシリーズでも、ミスが多くなってしまった坂本選手、もしかすると、三原舞依選手不在の影響があるのでしょうか。気になりますね。 このように …