大人からのフィギュアスケート

【世界フィギュア2020】羽生結弦の作戦と見どころ

投稿日:2020年3月11日 更新日:



 

ショートプログラムが大切

羽生結弦選手

羽生結弦選手が優勝するためには、ショートプログラムで貯金をたくさん貯めることがカギとなります。ショートプログラムは、羽生結弦選手にとって、得意であるため、この特異なショートでいかに点数を伸ばし、ライバルたちにプレッシャーをかけられるかが重要なことでしょう。

 

また、羽生結弦選手は、ショートプログラムが得意なので、失敗が許されないはずのショートプログラムで、リスクの大きいジャンプに挑戦するのもありかもしれません。例えば、4回転ルッツトリプルトウループのコンビネーションと4回転ループをショートに入れる構成です。

 

逆にフリースケーティングは、羽生結弦選手のできるジャンプを確実に決めて、高い出来栄え点を獲得し、逃げ切る形で優勝をする作戦が、一番良さそうな感じもします。あくまでも僕の勝手な私見ですが、究極なネイサンチェンを倒すためには、何かしらの策を用意しているかも分からないですね。

💡【参考動画】フィギュアスケートの資金を集める方法



 

軽く滑る

羽生結弦選手

羽生結弦選手が勝つためには、ショートは荒く、フリーは丁寧にこなすことがキーポイントとお話ししました。先の4大陸選手権では、過去に使っていたSEIMEIで、作品性を意識した構成でフリースケーティング滑ってましたね。

 

フリースケーティングはこのように、なるべく疲れを貯めないような技術の構成で、言ってしまえば、楽しむ余裕さえ感じさせる内容にしていくことで、優勝を狙えると思います。要は、軽く滑るという事でしょう。

 

羽生結弦選手は、以前からやや喘息気味なので、体力がネイサンチェンと比べたら少なく、体力をたくさん奪われるフリーで、難しジャンプを連発させるよりも、軽々ジャンプを跳ぶような、楽しむ気持ちで滑ることで金メダルが取れそうな感じがしますね。

💡【参考動画】フィギュアスケートの資金を集める方法



 

衣装を赤に変えたりして

羽生結弦

僕が一番気になっているのは、衣装を変えて、この世界選手権に挑むのではないかというところです。ショートプログラムは置いといて、フリースケーティングのSEIMEIの衣装をチェンジするかもしれないという事です。

 

2年前の平昌オリンピックは青紫で、SEIMEIを意識した構成、そして4大陸選手権では、緑に変えて、新しい植物を育てるような構成、ならば今回のフリースケーティングはというと、赤で、ネイサンチェンを倒す究極の羽生結弦にする構成、この3段階が僕個人としてはあるのではないかと勝手に予想します。

 

もちろん、そんなことはないとは思いますが、今世界ジュニア選手権で勝つためには、技術以外にもスピリチュアルな部分の助けも大切ではないかと考えたりもします。なので、赤でなくても、何かしらの衣装チェンジがあったりするかもしれないでしょう。

💡【参考動画】フィギュアスケートの資金を集める方法



-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

⛸【フィギュアスケート】羽生結弦選手、来季のフリープログラム予想【最新版】♪

  もくじ1 火の鳥、ラフマニノフピアノ協奏曲2番、シェラブールの雨傘2 風のオリバストロ3 エーデルワイス 火の鳥、ラフマニノフピアノ協奏曲2番、シェラブールの雨傘 これらの3曲は、既に予 …

【世界ジュニア2020】カミラ・ワリエワ・ロシアからまた、恐ろしい選手登場 

  もくじ1 究極の柔軟性2 4回転トウループ3 エクソジェネシス 究極の柔軟性 カミラ選手の魅力は、スピンの独創性と究極に鍛え上げた柔軟性から織りなすスキのない演技です。キャンドルスピンと …

羽生結弦選手の○○が素晴らしいと一同は見習いたいm(_ _)m

  成功者は皆さんこのようにされているのかもしれないですね(◎_◎;)   もくじ1 令和の象徴2 自己主張3 隠さない リスクがない 令和の象徴 時代に合った感じが成功しやすいの …

羽生結弦

【フィギュアスケート】羽生結弦とネイサンチェン、どちらが魅力か対決開演👑

  羽生結弦とネイサンチェンが、フィギュアスケート史上一番熾烈なの対決に向かっているけれど、彼らのそれぞれの魅力などがあれば教えて欲しい このような方のために、以下の内容で詳しく解説していま …

no image

【四大陸選手権】ショートプログラムの羽生結弦選手、あまりの凄さに泣きました

四大陸選手権、羽生結弦のショートプログラム、圧巻過ぎて感動した 僕も同じです。ちょっと今回のショートプログラムは、異様に緊張感が高かったですよね。羽生結弦選手の四大陸選手権のショートプログラムを振り返 …