大人からのフィギュアスケート

【フィギュアスケート】羽生結弦選手の世界一美しい衣装トップ3

投稿日:



 

悲愴

羽生結弦

2011年ー2012年シーズンのショートプログラムで羽生結弦選手が演じてくれた、練習曲第12番 嬰ニ短調「悲愴」(アレクサンドル・スクリャービン)できた衣装は、羽生結弦選手がショートは青で行くべきことを知ってしまったことでしょう。

羽生結弦選手と衣装のマッチングの凄さに目が惹かれますね。また、濃い青との絶妙なバランスも神々しく、この衣装を纏って飛ぶ姿は、天使というか、青い龍のような何とも言えないオーラを感じますね。

一方、このシーズンの世界選手権はフランスのニースで行われましたが、ショートプログラムで、最後のフリップジャンプにミスした後、ステップ後のスピンでこれでもかと気合を入れたがために、フィニッシュポジションがジャッジに向かずに終わって、その後、直すかのように顔をジャッジに振り向けるシーンは、僕の中でナンバーワンです♪

💡【参考動画】羽生結弦の来季予想フリー「シェラブールの雨傘」より



 

オペラ座の怪人

羽生結弦選手が、ソチオリンピックの次に着た衣装が、こちらのオペラ座の怪人の衣装です。実は、前半は同じ音楽でしたが、赤と黒の違う衣装を着ていました。一方、チェンジした後のこちらの衣装は、羽生結弦選手としても、結構斬新な雰囲気だったのではないかと思います。

男らしい感じの雰囲気が出ていて、先ほどの青の衣装に比べると、強さを表しているように見えましたね。あまりこのような衣装を着てなかったので、他の試合よりもインパクトを残してくれたと思います。

実は、これは言うべきか迷っていましたが、このシーズン、中国のグランプリシリーズで、ハンヤンとぶつかって大きなけがをしてしまったシーズンでした。それから衣装をこの金と白に変えてシーズンを過ごしたことで、ファンとしてもあの時の赤と黒の衣装を忘れさせてくれる、そういったある意味で感慨深い衣装でもありますね。

💡【参考動画】羽生結弦の来季予想フリー「シェラブールの雨傘」より



 

白鳥

羽生選手の白鳥は壮絶に素敵でしたね。この時の白と羽がつく衣装は、羽生選手凄く似合っていたと思います。今度ショートかフリーでこういった白の衣装で滑って欲しいと思わせてくれるような印象を受けました。

この、白と羽がついた衣装は、写真のような手を挙げたキノコスピンや、なんちゃってイナバウアー(嘘)や、イナバウアー、ビールマンなど、美しい技の時に、羽生選手と照らし合わされて、美しさが神の領域になりますね。

白鳥なんだけれども、男らしい振り付けも時々入ってて、右へいくのか斜め上に行くのか、分からないところも、見ている人たちを惹きつけるものがありました。美しいとおもいきや、急にジャンプをするギャップを、多くの人は感じ取ったと思いますね♪

💡【参考動画】羽生結弦の来季予想フリー「シェラブールの雨傘」より



 

 

 

-大人からのフィギュアスケート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦

【閲覧注意級】羽生結弦のイケメンさを語るブログ😱

  もくじ1 『負けは負けっていう意味しかないので。自分にとっては“負けは死も同然”と思っているので。本当、勝ちたいです』2 (五輪会場で無数に舞ったプーさんはどこへ?) 森に帰りました(笑 …

【世界ジュニア2020】佐藤駿のショートプログラムの解説

  もくじ1 エッジケースを履くシーンが男らしかった2 ジャンプの準備時間が短い3 ジャンプを決めた後の安心感が物凄かった エッジケースを履くシーンが男らしかった 佐藤駿選手、以前の動画で、 …

【フィギュアスケート】羽生結弦選手と宇野昌磨選手、どちらがすごいのか?

    羽生結弦選手と宇野昌磨選手、行ったり来たり、魅力台風🌀   もくじ1 干渉しない性格が長続きか2 こだわりが違うから、2人の魅力にコミットできる3 …

四大陸選手権、友野一希選手の見どころ【陸上フィギュアスケーター怒涛の解説】

四大陸選手権、友野一希選手の見どころ【陸上フィギュアスケーター怒涛の解説】

四大陸選手権で、繰り上げ出場になった友野一希選手について、彼の魅力や、四大陸選手権での見どころについて教えて欲しい。 このような方のために、本記事では、友野一希選手の四大陸選手権での見どころについて、 …

羽生結弦

羽生結弦の今季を振り返るブログ

  もくじ1 4回転アクセルを挑戦したかったシーズン2 ネイサンチェンの追い上げに焦りを感じる3 来季、どのようになるのか予想がつかない 4回転アクセルを挑戦したかったシーズン 羽生結弦選手 …